【戸建ては資産として残せる】不動産でお悩みなら戸建住宅を選ぶべき

HOME>アーカイブ>活用の仕方が豊富な戸建ての不動産で将来設計をしよう

活用の仕方が豊富な戸建ての不動産で将来設計をしよう

住宅模型

将来を考えることが出来る戸建て住宅

賃貸マンションや中古の戸建て住宅にするか不動産でお悩みの方には戸建て住宅をオススメします。戸建住宅はマンションにはないさまざまなメリットがあります。リノベーションをして間取りの変更をすることが出来たり、将来子供や孫に資産として残せることが出来ます。今後のことをしっかり考えたいのあれば是非、戸建て住宅を検討してみましょう。

間取り図

戸建住宅の種類

戸建て住宅の工法には大きく分けて3つの種類があります。木造、鉄筋コンクリート、鉄骨組があります。コストをなるべく抑えたい時は木造建築の住宅で、防音性が高い住宅が希望であれば、鉄筋コンクリートの住宅で検討してみましょう。このように住宅の工法からさまざまな特徴を知ることができるので、住宅選びのコツとして覚えておきましょう。

戸建ての不動産が良い理由

インテリア

賃貸より活用の仕方が多い

賃貸アパートや賃貸マンションと違い、一戸建ては建物の土地の所有権を持つことが出来ます。住まいとして活用することはもちろん、賃貸として貸すことが出来ます。また、将来子供へ相続することが出来ます。

気を使うストレスをなくせる

一戸建ては隣の部屋や、上下の部屋に他人が住んでることはありません。マンションですと隣人に迷惑がかからないように夜中の騒音には気を使わなければいけません。ですが、一戸建ての場合は家族で住みますので、ある程度気にしなくて済みます。なので、隣人に気を使うストレスをなくすことが出来ます。

管理費や駐車代がかからない

マンションやアパートには建物の管理費や駐車代がかかります。しかし一戸建ては駐車場や庭は自分の所有しているものなので毎月払う必要がありません。同じように修繕積立金を払う必要がありませんが、建物は必ず劣化をしますので、今後のメンテナンスにかかる費用は準備をしておくようにしましょう。